ESQの由来

エスク(E,S,Q.)の名の由来は、
Environmental Friendly(環境)・Specialty(技術)・Quality(品質)
この3つを常に念頭に置き、今後もお客様へ高品質の製品をご提供していきます。


E
nvironmental Friendly (環境への配慮)

 私達は、常に地球/周辺環境に配慮したものづくりを目指します。 日々の生産活動の中で、有害物質を極力使わない生産設備及び製造方法の検討、生産効率を上げる事でエネルギー消費を抑制するなどの努力を積み重ねていきます。 また、労働環境も人がいきいきと楽しく誇りを持って働ける環境作りやコミュニケーションが円滑に行なわれる風通しの良い人間関係など全社一丸となって取り組んでいます。


S
pecialty (独自技術の追求、技術者の育成)

 私達は、時代の多様化に伴うニーズにお応え出来る独自技術の追求と革新を目指しています。変化する時代の中で求められる精度/品質の向上、或いは新合金/難加工材であるレアメタルのパイプ加工にも挑戦を続けています。また、私たちが製造するものは原材料としてのパイプでは無く、機能部品としてのパイプを作ることを心掛けて開発しています。その結果、長尺パイプの製造に留まらず、パイプの2次加工も行なえるよう一環生産体制を整備してきました。
 また、この独自技術を次の世代に継承することを目的に知識を深めるための専門家による講習会。或いは日々の生産活動の中で遭遇する疑問や興味をその場で説明する等を行なっています。尽きる事の無い興味こそ、飽くなき技術の探求に繋がるものと考えているからです。


Q
uality (品質)

 私達の製造しているパイプは、医療機器、自動車ABS部品、原子力機器、高度分析装置、電子機器等あらゆる分野に使用されております。各分野で求められる品質は違いますが、開発段階からポイントとなる品質項目、或いは図面には記載されていない部分にまで十分な検討を行ない工程設計します。また、量産時には品質管理ツールを使い、全社一丸となってお客様のご満足戴ける高品質の製品をご提供しております。